ポルトヨーロッパは、たった15分でヨーロッパ3カ国の周遊気分を味わえる和歌山の人気スポット。ヨーロッパの古城や街並みなどが本格的に再現され、初めて訪れた人は本当に海外に来たかと思うほど。

ポルトヨーロッパ エリア内地図

絶景プロデューサー
詩歩 >

本当にココは日本?そんな”まるでヨーロッパ”なテーマパークが和歌山市にあります。中世の地中海をモチーフに作られた街には、雰囲気のある古城や広場が再現されていて、施設内をふらっとお散歩するだけでまるでヨーロッパ旅行をしているかのような気分になれます。施設内にたくさんあるフォトスポットで撮影した写真と一緒に手紙を送れば、受け取った人も海外からのエアメールと勘違いしてしまうことでしょう。

本格的にヨーロッパを再現された建物に囲まれれば、
海外風写真が撮れること間違いなし!

スポットに一歩足を踏み入れれば、
まるでヨーロッパのような世界が広がります。

さらに路地を進めば、本格的に再現された欧州の
街並みの中で写真を撮ることができます。

施設中央の雰囲気のある噴水広場に
臨時郵便局があります。

海外にいると錯覚するような写真とともに、
普段は言えない想いを手紙にしたためましょう。

和歌山マリーナシティ内にある日帰り専用の温泉施設。海底1500mから湧き出す温泉は、約1億年前の地層から届いたものだといわれる。浸透圧が高いため、体内から汗などの水分と共に老廃物や毒素も排出され、塩化物泉のため保温効果が高く、冷え性やダイエットにも効果的です。

【住所】和歌山県和歌山市毛見1525
【電話番号】073-448-1126
【営業時間】10:00~24:00
【定休日】不定休
【アクセス】JR本線(きのくに線)「海南駅」から和歌山バス「マリーナシティ行き」で約15分
【料金】大人:830円、小人:520円

雨の森は、快晴であれば、四国や淡路島まで見渡せるパノラマ絶景スポットとして人気があり、夕景の美しさから和歌山県の朝日夕陽百選にも選ばれています。また、夜には海岸線と市街地の夜景が一望できる和歌山県随一の夜景スポットになります。周囲には自然が豊富な休憩所や遊歩道も整備されているので、心を癒す森林浴を楽しめます。

【住所】和歌山県海南市山田106
【電話番号】-
【営業時間】-
【定休日】-
【アクセス】JR本線(きのくに線)「海南駅」から車で約25分
【料金】-

地下1500mから掘り当てた源泉100%かけ流しの湯の日本有数の天然炭酸泉です。お湯に溶け込んだ高濃度の炭酸ガスが皮膚から吸収されて血管を拡張し、血行を促進します。さまざまな種類のお風呂とサウナを堪能できます。

【住所】和歌山県和歌山市本町2-1 フォルテワジマ地下1階
【電話番号】073-423-4126
【営業時間】10:00~22:00(日曜日~木曜日) 10:00~24:00(金・土・祝前日)
【定休日】第3火曜日(祝祭日の場合は前日)
【アクセス】JR和歌山駅バス停(3番のりば)より 和歌山バス(南海和歌山市駅行きシャトルバス)に乗車。「本町2丁目」バス停で下車して、すぐ。
【料金】大人:1,080円、小人:540円

和歌山マリーナシティの敷地内にある“まぐろ”を感じ・楽しみ・味わえるまぐろのテーマパークです。毎日3回のマグロの解体ショーを行っており、さばきたての生マグロをすぐに刺身や丼・寿司で味わうことができます。そのほかにも新鮮な海の幸のバーベキューやお土産なども豊富に取り揃えています。

【住所】和歌山県和歌山市毛見1527
【電話番号】073-448-0008
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】不定休
【アクセス】JRきのくに線「海南駅」から車で約10分。
【料金】-

パン工房には、全国ご当地バーガーグランプリ3連覇&殿堂入りとなっている大人気「まるごと!?紀州梅バーガー」をはじめ、130種以上の様々なパンや焼き菓子が常時並び、併設のカフェには、自社焙煎のコーヒーと自家製ケーキやピザなど季節限定商品も豊富に展開。カフェにはパン工房の焼き立てパンを持ち込み飲食が可能♪ぜひ、海南に来た際は、焼きたてのパンとこだわりコーヒーでゆっくりとした時間をお楽しみください☆彡

【住所】和歌山県海南市重根西一丁目3-2
【電話番号】073-488-3355
【営業時間】09:00~20:30
【定休日】なし
【アクセス】JR本線(きのくに線)「海南駅」から車で約10分。
【料金】-

第2次世界大戦の終わりまで旧日本軍の軍用地で、大戦中の施設も多く残されています。6箇所の砲台のほか、弾薬庫や将校官舎なども当時の面影を偲ばせています。近年は、自然の中に放置された旧日本軍の施設の雰囲気から「ラピュタの島」として観光名所となっています。

【住所】和歌山県和歌山市加太
【電話番号】073-451-9018
【営業時間】-
【定休日】-
【アクセス】和歌山県加太港からフェリーで約20分
【料金】大人往復2000円、小人往復1000円

地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化や伝統を語る物語「日本遺産」に認定された絶景。天橋立とも比肩され、「万葉集」にも詠まれるなど、古くから人々を魅了してきました。特に夕景は非常に美しく、絶景スポットとなります。

【住所】和歌山市新和歌浦1759
【電話番号】073-444-4349
【営業時間】-
【定休日】-
【アクセス】JR和歌山駅からバスで30分
【料金】-

国指定の名勝であり、大正初期から造園された庭園。総面積66,500平方mの庭園内は松林が美しく繁り、時おり魚の跳ねる音が静けさを一層際立たせる。古風な庭園かと思いきや、トンネルを抜けた先にプライベートビーチがあったり、海から水をひいた池が潮の干満に応じて水位が上下する大変珍しい造作であったりと、造園の奥深さを感じ取ることができます。

【住所】和歌山県海南市船尾370【電話番号】073-482-0201
【営業時間】9:00~17:00【定休日】月曜日(祝祭日の際は翌日)
【アクセス】JR紀勢本線(きのくに線)「海南駅」からバスで約10分、「琴の浦」で下車。【料金】シニア:300円、大人:400円、小・中・高校生:200円、幼稚園児:100円

Supported by

歴史のある街並みが現在も残る黒江地区で、日本三大漆器と称される和歌山の特産品である紀州漆器の展示・販売を行っています。その他、漆器の製造工程についての説明パネルもあり、漆器がどのようにして作られるかを知ることができます。また、毎週土・日曜日には漆器職人さんの実演を行っており、予約をすれば漆器の技法「蒔絵(まきえ)」の体験もできます。

【住所】和歌山県海南市船尾222
【電話番号】073-482-0322
【営業時間】10:00~16:00
【定休日】8/14~8/16、第2日曜日
【アクセス】JR本線(きのくに線)「海南駅」から車で5分
【料金】-

多くの水族館が、テーマを世界に広げ人気のある海獣や外国の魚類をメインにしているのに対し、和歌山県立自然博物館は和歌山県の魚類のみが展示されています。そのため、水槽の中にいる生物もすべて和歌山県産に限られており、和歌山県周辺の生態系を学ぶことができます。

【住所】和歌山県海南市船尾370−1
【電話番号】073-483-1777
【営業時間】9:30~17:00 (入館は閉館30分前まで)
【定休日】月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)、年末年始(12/29~1/3)
【アクセス】和歌山市駅からバスで約30分
【料金】大人:470円 大人20名以上の団体:340円
高校生以下:無料 (要学生証提示)

世界的にも珍しい「道」の世界遺産である熊野古道。その熊野古道の難所としても有名な藤白坂は、万葉の貴公子、有間皇子が非業の死を遂げたと言われ、平安初期には巨勢金岡が熊野権現の化身である童子との絵の描き比べに負け、筆を捨てたと言われる「筆捨松」などの史跡のある古道です。

【住所】和歌山県海南市藤白466
【電話番号】-
【営業時間】09:00~17:00
【定休日】-
【アクセス】JR本線(きのくに線)「海南駅」から徒歩で約15分。
【料金】-

Supported by

REVIWES 口コミ
moreclose
OPEN 開催日
2017年8月
12日(土)・13日(日)
19日(土)・20日(日)
10:00~17:00

住所:和歌山県和歌山市毛見1527

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー。1990年生まれ。静岡県浜松市出身。早稲田大学卒業。世界中の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営し、70万以上のいいね!を獲得し話題に。
http://shiho.me/